淡彩スケッチ町ある記

アクセスカウンタ

zoom RSS 淡彩スケッチ町あるき 鶴見の坂道 F 見返し坂

<<   作成日時 : 2017/03/07 22:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

豊岡7丁目

獅子ヶ谷通りのバス停豊岡一丁目と月見ヶ丘バス停の間から鶴見駅方面を見たところです。
鶴見の坂道によると明治の初め東京から横浜まで鉄道が敷かれ鶴見駅が出来ると政府のお偉いさんが鶴見の丘からみた景色が素晴らしいとゆうので黒川荘三さんに案内されて此処まで来たら汽車の汽笛がなったので  振り返り「ああこの坂は汽車を見返す坂だ」とつぶやいたそうです。後でこのお偉いさんが上野の山の西郷さんの弟で「西郷従道」と分かったので旧名主の佐久間権蔵さんと相談してこの坂を「見返し坂」と命名して記念碑を立てたそうです。
 
画像

獅子ヶ谷通り沿いにある、お墓に行く階段の入り口に「見返しの碑」があります。
画像

その後ろに建っている当時の古い石碑。なんて書いてあるのか全然分かりません。
画像



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
mamaさんお久しぶりです。
どうぞお使いください。お役に立てれば幸いです。
てくじい
2017/03/08 20:17
ありがとうございます
shunsakihoshomama
2017/03/09 07:33
てくじいさま
seiyuでo-taniさんからテク爺さんのブログを教えていただき、鶴見の写真・スケッチ、拝見させていただきました。鶴見の町の変遷を伝える貴重な記録写真を郷土史資料として使わせていただきたくご連絡お願い申し上げます。
なお、参考までに、以下は、見返し坂の碑文です。

見返し坂の碑
正面  西 ミかへし坂  東 見返し坂
裏面  和か草も山の紅葉になりにけり 鶴園
  西も東も見返しの坂
東西の志るべ石あり葛の花 兼本

右面「中坂天王院・□□板・大池・熊野神社・稲荷山・諏訪坂・鎧池・民衆花壇・二本木不動・白幡神社・松蔭寺・里見義高入道墓・建功寺・仏寿禅師の墓」
左面「新旧国道・鶴見停車場・成願寺・子生観音・花月園・八幡山・花香園・鶴見神社・鶴見總持寺・手枕坂・安養寺・三笠園・滝坂不動・□□□・汐見橋・杉山神社・正泉寺・慶岸寺」

鶴園は生麦事件碑や諏訪坂・手枕坂などの碑などを建立した鶴見神社の宮司を勤めた黒川荘三、兼本はその友人でコンクリート技法を習得して、坂道の碑などをつくった鶴園の友人吉川兼次郎です。
いらかあおい
2017/03/25 11:16
てくじいさま
写真のご提供、ありがとうございました。
本日は、4月8日に郷土史講座鶴見探訪きゃらばん「寺子屋あらかると」で馬場4丁目公園から建功寺まで「水道道を歩いて建功寺へ」を実施いたします。その資料の表紙に「殿山から」「東高校付近」「馬場学舎跡」「馬場4丁目」の写真を使わせてくいただきましたが、よろしいでしょうか。お許しいただければ明日印刷をいたしますので、よろしくお願いいたします。
いらかあおい
2017/04/05 23:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
淡彩スケッチ町あるき 鶴見の坂道 F 見返し坂 淡彩スケッチ町ある記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる