淡彩スケッチ町ある記

アクセスカウンタ

zoom RSS 淡彩スケッチ町ある記 鶴見の坂道 B 貝助坂(けいのすけざか)

<<   作成日時 : 2017/01/30 12:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

岸谷4−28〜31
 
岸谷から鶴見駅に至る市道 (旧街道)のバス停「柳町)の前広整形外科前を丘の方に登る坂道。その右隣階段を登ると、その上は曲がりくねった坂道になり百メートルほどで、花月園競輪場の外壁に突き当たり、この道は通行止めになります。この住宅街の坂を「貝助坂」と呼んでいました。(鶴見の坂道)より。
大昔この付近に貝之助とゆう武士が住んでいたので坂の名前が「貝助坂」と言われるようになったそうです。また昭和の初め頃「花香苑」とゆう料亭があったり、日本画壇の重鎮前田青邨のアトリエが今も残っていると、鶴見の坂道に書いていますが、今は何れも残っていません。下のスケッチは坂の突き当たりで競輪場の工事が行われていますが、左側に二本の柱が建っていて下は駐車場になっています。何か屋敷の門柱のようです。  

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
淡彩スケッチ町ある記 鶴見の坂道 B 貝助坂(けいのすけざか) 淡彩スケッチ町ある記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる