淡彩スケッチ町ある記

アクセスカウンタ

zoom RSS 淡彩スケッチ町ある記 鶴見の坂 @ 滝坂

<<   作成日時 : 2017/01/28 14:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

岸谷1−3〜5・ 神奈川区子安台1−2−18

鶴見区岸谷一丁目と神奈川区子安台の境界に狭い坂道があります。山根に沿う旧道と並行してJR東海道、京浜東北線等が通り、坂の登り口前に滝坂踏切があります。坂を五十メートルほど登ったみぎがわに「滝坂不動尊」がありますが、これは、行基菩薩の作といわれる不動明王を祀ったもので、元禄時代に建立されたと伝えられています。本堂に上る階段の左側に僅か二メートル余りの高さにある瀧口から湧き出る清水が見事に流れ落ちていました。これが「不動の滝」と呼ばれていたものです。この滝口の前をまえをのぼる坂道から「滝坂」となったようです。(鶴見の坂道)より
と記してありますが、現在は跡形もなく新しい住宅が建ち並びどの辺にあったのかさっぱり分かりません。
今年の三月に完成予定の横羽線から第三高速へ繋がる道路工事のため鶴見区側に坂の入り口が移動しています。
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
淡彩スケッチ町ある記 鶴見の坂 @ 滝坂 淡彩スケッチ町ある記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる